top of page

花粉症は完治する!

更新日:2022年6月3日



こんにちは!BLUE NASHのトレーナーYUです!


春の心地もしてきて、だんだん暖かくもなってきましたね。

この時期に悩みやすいのが『花粉症』で悩んでる方も多いと思いますが、


花粉症は完治できる物で、あっさり次の年に出なくなったりします


今回は1つの要因を説明します!


花粉は体にとってごみ、異物
普段から色々なごみを出せる体作り、ごみを溜めこまない食生活を

花粉症は家族もなってて遺伝だから、子どもの時からだから、

しょうがないと思ってませんか??


花粉症の原因は

呼吸や便通機能、食生活影響


が大きいです。

花粉は体にとっていらなもの

になるので、身体の反応で、ため込める以上の許容範囲を超えた時に症状として出てきます。つまり、先天的要素があったとしても、それはなりやすさで、食生活等で免疫機能が崩れているときに、許容範囲を超えて花粉が入って症状が出てしまっているだけでもあります!


なので、体内にごみが溜まりすぎないようにうまく花粉以外にも色々な異物・ごみを排出できる事が大切になってきます。

ただし、


・呼吸や便排出機能の低下、食生活の乱れで元々ごみがたまり過ぎていると、

花粉が少し入っただけでも体内に一時的にためておく余裕がなくて、排出しようと鼻水やくしゃみ症状が出てきてしまいます。



これが、アレルギー症状で異物をだす防御反応にもなってきます。

また通常、異物が入ってこないように鼻の粘膜部分等でバリアしていますが、ストレスなどで免疫機能の働きがおちていると、余計にごみが溜まりやすくもなってしまいます。


・また、呼吸・内臓機能低下により、自分を異物から正常に守ってくれる力(エネルギー)を作りにくくなってしまったり、弱ってしまうので、余計に花粉に反応してしまい、アレルギー症状として出てきます。


原因

① 呼吸・便

・呼吸で吐き出したり体の巡りをよくするための呼吸機能、便でごみを出す力が重要になってきます。

前回お話したように、現代の人は呼吸が浅く、上手く吐き出せない人が多いです。 この状態は、身体に二酸化炭素が溜まりやすく、エネルギーを作るために必要な酸素を取り込める


余裕がなくなります。そのため、バリアを作る免疫力や巡りをよくするための力を上手く作りだすことができなくなってしまいます。


・また内臓が上手く働いてないと、便として毒素・ごみを出せなくなって、たまりづづけてしまいます。また、たまり続けるので、腸内環境が悪くなり、腸にある免疫機能もバランスを下すのでここでも正しく免疫力が働きにくくなってしまいます。


② 食事

花粉以外にごみがため込む生活をしているとごみの量が増えすぎて上手く便として排泄できなかったりします。

とくに、添加物・小麦・お酒・甘い物



は体に負担になりやすく、本来身体に必要な物ではないので、ごみの1つとなっていきます。また消化するために、免疫やエネルギーに関わるビタミン・ミネラルを大量に消費してしまいます。


自分の身体の状態を振り返る

なので、



・普段どんな食べているか振り返ってみて、ごみになるものを取り過ぎてない?

・深呼吸や巡りをよくするような事(軽い運動・ストレッチ・アロマ等)できてる

・お腹は動いてる?はったりしてない?



などを振りかえってみれたらいいですね!


自分の生活を振り返って体の状態がわかってくるだけでも、対策はとりやすいですし、身体も当たり前に変化しやすいです!

身体の内側・状態をとらえる事が大切ですね!


BLUE NASH ブログ


閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page